フロント カートリッジ/ スポーツスター用

Scepter 25T

フロント カートリッジ/ スポーツスター用  (Scepter 25T)

・Scepter 25T
フロントカートリッジ


Fit:
●スポーツスター39mmフォーク用(2004年~)※純正カートリッジタイプを除く
●純正カートリッジタイプのスポーツスター2016年~用

※オプションでヘビータイプスプリング、専用オイル有

・Length:790mm・740mm・765mmの3タイプ

●TFHD-01S    / STD 790mm (XL883/XL883R/XL1200R)
●TFHD-02S  / Low 740mm (XL883N/XL1200N)
●TFHD-03S  / Middle 765mm

・オプション

●TSP-9N  / ヘビータイプスプリング2本セット【スプリングレート9Nm/mm】
(スタンダードのスプリングレートは8Nm/mm)
●TO-No1 /  専用オイル

スポーツスター39mmフォーク用フロントカートリッジ「Scepter 25T」は、同モデル特有のオーセンティックなフロントエンドの顔とも言えるフオークの外観を変える事なく、パフォーマンスアップを図る事が出来るカートリッジ式としています。

減衰機構 (左右独立)
リバウンド(右側フォーク): 24クリック
コンプ(左側フォーク)  : 24クリック
プリロード(左右フォーク): 15㎜

1. 減衰機構用のオイルと、フォーク摺動用オイルが完全独立型のカートリッジ仕様
これにより、ショックオイルとして一番の問題である、
・気泡による減衰への影響
・オイル劣化による影響 を最小限にとどめる事ができます。

2. 減衰機構が左右独立
通常は一つのショックの中で伸・圧を有しますが、この場合、構造上どうしてもそれぞれの影響を受けます。
※たとえば伸び側を調整すると圧側も影響を受ける(逆もしかり。)
これを独立させることで、それぞれに特化した減衰を得ることが出来るので、より繊細なセッティングが出来ます。
これは素人にはオーバークオリティーと思われるでしょうが、考え方として素人だからこそ、独立している事でそれぞれに集中できるとも言えます。

3. 減衰機構の調整範囲は24クリックと広範囲
調整範囲がとても広いので、違いが解りやすく、自分好みを探しやすい。

4. 長さ3種類でほとんどのカスタムに対応

5. 材質の拘り、ボディーは7075-T6/超超ジュラルミン(軽量かつ高強度の最高品質のアルミ素材)
取付け後、セッティングで工具を当てる事が多いプリロード調整部はステンレス製

サスペンション調整は、難しいと思われる方も多いですが、元の状態を控えておけば、わからなくなってしまった場合は基本データに戻せば良いだけです。
装着するまでも楽しいですが装着後もずっと楽しめるプロダクトを、そんな思いで製作しております。
オートバイの仕様・使い方・体重・好みは人それぞれ、正解はありません、是非ご自身で違いを堪能してください。

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
TFHD-01S STD-790mm
オプションを指定してください。
TYPE
¥118,000
在庫有り
TFHD-02S LOW-740mm
オプションを指定してください。
TYPE
¥118,000
在庫有り
TFHD-03S Middle-765mm
オプションを指定してください。
TYPE
¥118,000
在庫有り
TSP-9N 追加オプション:ヘビータイプ スプリング(2本セット)
オプションを指定してください。
TYPE
¥13,500
在庫有り
TO-No1 追加オプション:専用オイル
オプションを指定してください。
TYPE
¥5,000
在庫有り
Scepter 25T Scepter 25T Scepter 25T